FP栗本物語3 :: 大学時代

立命館大学へ

  • 高校のときとはうってかわって、今度は内部進学者の立場であります。
    私が入ったのは法学部だったのですが、だいたい1クラスに3人程度いる内部進学者が、そのクラスの中心的な存在になっておりました。

    地方出身者が多く、クラスコンパなどをやるにしても、そもそもみんなは京都のお店を知らないわけですから、自然と幹事役をまかされてしまうわけです。しかも、ここまでに書いてきたような高校時代を送っていたため、周りの友人より1歩も2歩も進んでいたわけですから。

    さて、こんな感じで始まった大学生活ですが、生活のメインはアルバイトだった気がします。4年目となった私はスイングマネージャーといって、バイトでありながらほぼ社員と同じ仕事をこなす立場になっていたこともあり、それなりに自由にやってましたからね。別に悪いことはしていませんが、楽しくてしょうがない時期でもありました。

    ラクロスサークル結成

    そんなある日、高校時代の友人がラクロスというスポーツを見つけてきまして、高校の時の仲間でサークルを作ろうという話になりました。

    もちろんラクロスなんて、聞くのも初めてですし見たこともありません。ただ、みんなで何かをやりたいという想いや、身体を動かしたいという気持ち、気の合う仲間でイチから作り上げるのが面白そうっていう気持ちもあり、すぐに話は盛り上がりました。

    ラクロス

    当時、ちょっとずつ広がりをみせていたラクロスですが、大学1回生の秋に「第1回関西学生リーグ戦」が開幕されることになりました。どうせ始めるなら大会に出ようということで、とにかく必要な道具を揃え、他の大学の先輩にコーチに来てもらい、ルールブックや海外の試合ビデオなどを観て、なんとか形にしていったわけです。

    このときは、ほぼ同時にラクロス部を立ち上げた京都大学との混成チームとして出場しました。
    もちろん結果は惨敗ですが、同じく創部1年目の龍谷大学と同率で、参加7チーム中6位タイという、立命館大学ラクロス部としての最初の記録を残したわけです。

    ちなみに、大学2回生の時の「第2回関西学生リーグ戦」では参加チームが15大学にまで広がり、その時にはベスト4進出を達成。
    決勝トーナメントで全日本選手権出場をかけて争うほどになってました。(上位3チームとは歴然とした差がありましたけど・・・)

    このときのメンバーは、ほぼ全員が高校のときの仲間内でしたが、高校時代は部活でキャプテンや副キャプテンを務めていたメンバーも多くおり、スポーツの基礎力のようなものがあったのかもしれません。飲み込みも早いしチームワークも抜群。
    今から考えても理想のチームだったと思います。

    今ではこのラクロス部も体育会公認となり、全日本選手権への出場も経験した強豪チームに成長しておりますので、感慨無量です。

    高校時代の仲間の結束はここでさらに深まり、今でも毎年2~3回はみんなが顔をあわせておりますし、仲間の結婚式には全員が披露宴に参加するという不思議なしきたりもできております。

    バイト先の異変

    さて、そんな感じでラクロスマクドナルドの両輪で充実した生活を送っていた私ですが、大学1回生の秋にアルバイト先のマクドナルドに大きな変化が訪れます。

    まずは当時の店長と、店の運営を巡って意見が対立し、9月ごろに一度バイトを辞めることになりました。店長と張り合うバイトっていうのも、今から考えたら生意気以外の何者でもないのですが、その時は真剣でした。
    バイトのみんなにとって働き易い環境を作りたい!という自分なりの最大の抗議の意味も含めて「わかってもらえないなら辞めます!」となったわけです。

    そのころ、塾の講師や家庭教師の仕事の話もあったのですが、どうも乗り気がしなくて、しばらくは無職状態を続けておりました。
    すると、11月ごろになって、店のオーナーが変わるっていう情報が耳に入ったのです!

    マクドナルドは、見た目にはわかりませんが「直営店」と「フランチャイズ(FC)店」の2種類があります。
    私のいた店は「直営店」だったのですが、ここをあるオーナーさんが買い取って「FC店」に変わったのでした。

    そうなると、店長を含めた社員さんはみなさん異動となります。バイト仲間の方からは「店長も変わったし、早く帰って来い」って再三言われましたけど、なんか意地になっていたんでしょう。「今さら帰れねえ~」という感じで、せっかくのお誘いを断っていたのです。

    そんなある日、1本の電話が自宅にかかってきました(当時は携帯なんてありませんからね)。
    「新店長の○○と申しますが、戻ってくるとかどうかではなくて、一度話だけでもしませんか?」という内容だったと思います。

    「帰りたいけど意地を張ってる」ような状況であった私にとっては願ってもないお話だったので、快くお会いしたのでした。
    この行動が、運命の出会いへと繋がることは知る由もなく…

    待ち受ける運命の出会い

    さて、新店長さんに呼ばれて久しぶりに店に行ったわけですが、ようするに「戻ってこない?」という話。そもそも「続けたかったけど前の店長とけんかして辞めた」わけですから、その問題がなくなった今、復帰を即答したのでした。

    さすがに細かい日付までは覚えていませんが、11月末ごろに復帰した後は、今まで以上のペースでバイトに入りました。

    さて、今回の一件で、オーナーとは別に新しい男の社員さんが2名と女性で専属フリーターの人が異動されてきました。
    ただ、私はクローズといって、夕方から入って閉店後の後片付けをするパターンのシフトが多かったため、朝の開店から15時ぐらいまでのシフトで入っていた女性の方とは1週間ぐらい顔を合わせませんでした。

    そして迎えた12月。人が足りなくて延長してたのか、マネージャーミーティングがあったのだったか忘れましたが、その女性が夕方まで残っており、事務所横の倉庫で初めて顔を合わせることになったわけです。
    そう、この方こそが、今の私の奥さんでございます。

    苦難を乗り越え卒業

    みなさんおわかりでしょうか?

    マクドナルドでバイトをしなかったら、今の奥さんとは出会っていない。
    立命館高校にいってなければ、マクドナルドでバイトをしていない。

    ということでなんですね。
    だからこの2つが、私の運命を決定付けた2大イベントというわけなのです。

    当時19歳だった私は、26歳の誕生日を迎えた彼女と、大学2回生の夏前からお付き合いをはじめたわけですが、なんとなく最初から「この人と結婚することになるんやろなあ」という予感があり、色々なことがあった後、私が大学4回生のときには長女が誕生したわけです。

    さらっとお伝えしておりますが、本当にいろんなことがありました。

    この時に、弱冠22歳の若造である私の決心を1人の男として認めてくれた父親には、今でもまったくもって頭があがりません。そして心配をかけてしまった母親にも。
    最初から何一つ反対をせず、ずっと見守ってくれた、妻のお父さんにも感謝です。

    いずれにしましても、こんな風に私の大学生活は終了することになったわけです。

    平成6年。日本では関西国際空港が開港し、村山内閣が発足した年であり、世界に目を向けると、ルワンダ内戦やイエメン内戦、ロシア軍がチェチェン共和国に軍事介入をした年でもありました。

   FP栗本物語2へ                                                                                               FP栗本物語4へ