FP栗本物語1 :: 誕生~中学時代

誕生

  • 1971年(昭和46年)7月1日、大阪万博の翌年に滋賀県大津市にて3人兄弟の末っ子として生まれました。
    横綱大鵬関が引退した年であり、第一銀行と勧業銀行が合併して第一勧業銀行が誕生した年でもあります。
    その後1歳ごろには長崎の佐世保に住んでいたそうですが、もちろん全く記憶はございません。
    この時にベッドから落ちて鎖骨を骨折したことが、今までで一番大きなケガです。

    すぐに大津に戻り、入園したのが滋賀大学附属幼稚園。姉と兄も行っておりましたので、自然の流れで入ったような感じです。
    幼稚園から地元の京阪電車に乗って通っておりました。
    ロッキード事件によって田中角栄前首相が逮捕された年であり、カンボジアでポル・ポト首相が誕生した年でもあります。

    ちなみに3年保育のときは、入園試験で泣き叫んで不合格。2年保育で無事に合格したそうですが、これも全く記憶にございません。

    卒園後は、そのままエスカレーター式に滋賀大学教育学部附属小学校に入学したわけですが、小学校3年生のときに衝撃的な出来事が発生いたします。

    それは、香港への引っ越しです。

    日本政府がモスクワオリンピックへの不参加を表明し、王貞治氏が巨人を引退、山口百恵氏が芸能界を引退した年でもありました。

    香港での3年間

    私の父親は船乗りだったのですが(2007年まで現役でした)、3年ほどの陸上勤務というのがあったそうで、その赴任先が香港だったという理由です。
    ある日夕食の場でいきなり聞かされたのをなんとなく覚えております。

    小学3年生の夏休みに一家で香港へ引っ越しました。
    飛行機も初めてなら海外ももちろん初めて。父は半年ほど早く香港に行っておりましたので、母と子ども3人で行ったわけですが、今考えると母親は不安でいっぱいだったんじゃないかと思うわけであります。

    そんな親の苦労を知る由もないですから、私は結構楽しんでいた記憶があります。
    初めての転校に対する不安はありましたが。

    当時は香港島の寶雲道(ボウエンロード)という所に住んでおりました。100万ドルの夜景で有名なビクトリアピークの中腹辺りにある場所で、マンションから見える景色がすごくきれいだったことを覚えております。

    香港の風景

    香港では日本人学校に通っていたので周りは全部日本人ですが、近所で遊ぶ時には現地の子と一緒だったので、片言の広東語や簡単な英語は話していたような気がします。
    今振り返ると、子どもの順応力の凄さを身を持って体験していたわけです。

    それよりも、当時は香港中を走る2階建てバスにすごく興味を持ちまして、友達と一緒に香港中を駆け巡って写真を撮っていたので、現地のバスの運転手さんとも仲良くなっていました。

    バスターミナルに行くと、たいてい馴染みの運転手さんがいたりして、車庫に向かうバスにただで乗せてもらったりしてたんですよ

    結局3年弱ほどを香港で過ごし、小学6年生になるときに日本に帰ってきました。

    昭和58年。この年には「おしん」の放映が始まり、東京ディズニーランドが開園いたしました。

    中学時代

    中学も滋賀大学附属中学校でございます。
    入学後、何故か野球部に入部し、3年間所属しておりました。中学入学当時は身長が140センチそこそこしかなかったですから、当時のコーチからつけられた愛称は「チビ!」(笑)。なぜか「小さいやつはセカンド」という習わしのようなものがあり、ずっとセカンドを守ってました。

    でも実はセカンドってすごく頭を使うポジションで、やってみると奥が深いわけです。そのときはそこまで考えてなかったですけど、その影響か好きな野球選手はいぶし銀と呼ばれる守備の名手が多かったですね。巨人の篠塚選手とか西武の辻選手とか。(古すぎ?)

    中学3年の受験の時には、なんとなく当たり前のように膳所高校という、地元の公立では偏差値の高い学校に行くつもりをしてましたが、塾にも行かず、家庭教師もつけずでしたので、さすがにまずい状況になりまして、中3の夏期講習から塾に通った記憶があります。

    ちなみに当時の成績表をみればわかりますが、私は決して成績の良かった子どもではありません。にもかかわらず、成績優秀な生徒が集まる塾を選んでしまったので、相当焦った気持ちになったことを覚えております。

    そのおかげでしょうか。ここでまた衝撃的な出来事が発生いたします。

    なんと、立命館高校に合格したのです。

    世の中ではバブル経済が進行し、株価が2万円を突破、1人あたりGDPがアメリカを追い抜いたのもこの年でした。

    立命館高校へ

    滋賀県の公立高校の受験は3月にあり、その前に京都の私立高校を受験するのが一般的でした。当時の成績からして「うーん、受かったらびっくりやな」と担任をうならせていた立命館高校を選んだわけですが、これが何と合格。しかもその年に附属中学から立命館に合格したのは私1人だけでして、本人以上に周りがびっくりしていたようです。(大人になってから聞いた話によると、担任から親に直接お祝いの電話が入っていたそうです)

    ここ一番に強いのか、要領がいいのか、たまたま運がよかっただけなのか。
    とにかくこの立命館高校合格が、その後の人生を大きく変えることになったのでした。

FP栗本物語2へ